会社に行きたくない!面倒だと感じたときの対処方法を解説

社会人の皆は突然会社に行きたくないと感じることがありますよね。

  • 会社に行くことが日々面倒になってしまった
  • 毎朝眠くて起きられず会社に行くのが遅れてしまいがち
  • 会社に行って人間関係が上手くいかず休みたくなった

上記のような悩みを1度経験したこともあるという人が多いのではないかと思います。

大きく分けて結論は2つあり、1つは生活が不規則になったから、もう1つは会社の人間関係が上手くいかないからという理由があります。

今回は上記の悩みを解決する方法を詳しく説明します。

会社に行くのが面倒だと感じた人はどうすべきか?

結論を言うとまず疲れを取り、ときには体を動かすのが大事です。

会社に行くのが面倒だと感じる理由は体が疲れている証拠でもあります。

疲れているとどこにも行きたくない、遊びに行くのも辛いと感じるのと同じです。

特に休みの日になると普段の生活リズムが崩れ、自宅でのんびりしていたりずっと寝ていたりする人もいますよね。

頭の中では休み明けになれば仕事が始まると思っていても脳に会社に行くことのストレスを抱えているから疲れを取りきることが出来ません。

疲れは次第に溜まり会社に行くことが苦手になってしまいます。

休みの日と同じように体を動かさないで寝ていると体はますます疲れやすい体になってしまいます。

疲れていると人は休息を取ろうと体が反応します。

体を動かせばストレスが解放されて普段体を動かすという通勤しているときと同じ生活リズムを作ることが出来ます。

体を動かすと言っても休み明けの仕事に差し支えるほど運動するのは逆効果のため、散歩やウォーキングなど軽い運動をおすすめします。

毎朝眠くて起きられない人はどうすべきか?

結論を簡単に言うとまず栄養を摂り運動をし朝日を浴びるのがいいです。

朝日を浴びると脳内のセロトニンが活発になり、体のリズムを整える役割をします。

セロトニンが活発になると普段夜眠れない悩みも改善し、自然と眠れる体を作ります。

朝起きられない原因としては栄養が足りない理由もあり、カルシウムが大切です。

カルシウムは牛乳、小魚、ヨーグルトから摂取することが出来ます。

カルシウムは睡眠を整える役割があるため睡眠不足の人にはとても大切です。

特に夏になるとカルシウムが不足し夜起きて寝不足になる生活になりやすくなるため、夏を中心にカルシウムの摂取は必要です。

また夏に限らず1年中カルシウムを摂る必要もあります。

またカルシウムはストレスや精神病にかからないように防止する役割もあるため、ストレスから来る眠れない悩みも栄養摂取で解決することが出来ます。

体が怠けていると体を動かしたくなくなるため、毎日体を動かす必要があります。

運動をすると先ほども説明したセロトニンが活発化されやすくなるため運動もしながら毎日の生活と食事を見直すことをおすすめします。

会社に行って人間関係が上手くいかず休みたくなった人はどうすべきか?

結論から言うとコミュニケーション力を身につける必要があります。

私の会社は上司に問題あるから関係がないと考えている人もいますよね。

しかしそれで終わってはいけません。

コミュニケーション力を磨かなければ周りは変われないからです。

例えば仕事が出来ないから怒られる人もよくいますよね。怒られる理由は2つあり、1つは仕事に結果を出せないから、2つ目は上司が怒りっぽいからという理由が挙げられます。

上司が怒りっぽいと仕事に結果を出せないときずっと説教していると思います。

しかし上司と上手くコミュニケーションが出来れば次から気をつけるように言われるだけで、次の仕事に期待されるケースもあります。

説教もされなくなればストレスもあまり抱えることなく仕事の人間関係もやりくり出来ます。

仕事の人間関係が上手くいかないと悩んでいる理由の1つは、上司にどう対応していいか、同じ会社の人にどう返事を返したらいいか分からなくなっているからです。

コミュニケーションを身につけることは本来中学校まで学ぶべきことですが、今は学校は勉強中心で人と話す場がないところもあります。

大人になってからコミュニケーションを身につける方法としては家族と話し、休みの日にも少し動いて世間と話すことも大切になります。

知らない人と話すのもいいですが趣味を見つけ同じ趣味の人と話すのもいいです。

同じ趣味の人同士でも人間関係があり、お互いの価値観を受け入れなければ口論になります。

コミュニケーションは普段の生活に取り入れながら身につければ自然と会話するのも上手くなります。

コミュニケーションが苦手だと考えている人は人の意見を上手に聞くことから始めるのもいいです。

人の意見を聞いてほしい人は誰でも同じであり、会社の上司でも同じです。

人の意見を聞くだけで人から信頼されたり頼られたり、人間性を知ってもらったりすることは出来ます。

ただ黙って聞くだけではなく相槌の打ち方も必要です。

まとめ

いずれも普段の生活から摂りいれるものばかりです。

休みの日になったら確かに自宅で何を過ごしても自由ですが、運動や食事を怠っていると仕事に差し支えてしまいます。

コミュニケーションも同じで自宅で引きこもっていればストレスだけではなく仕事に行ったときの返事の仕方や電話の対応も次第に分からなくなります。

特にお客との対応が分からなくなるとお客は苦情だけではなく会社を信頼してくれなくなります。

会社の評判が陥る原因の1つにはコミュニケーションが上手くいかないからという理由も挙げられます。

会社に行くのが辛くならないようにするためには1つは勤務地を自宅からあまり遠くないところにするのもありです。

確かに無理をしすぎるのは禁物です。無理をしすぎると体も年齢と共に疲れやすくなります。

勤務地が遠くなれば普段早起きが出来ない人も無理に朝早く起きる必要があります。

早起きや寝る時間と言っても自分のリズムがあります。

寝不足や疲れはいけませんが、夜9時に眠れない人、朝の4時に起きれない人もいます。

ずっと寝ているのはよくありませんが、普段同じ時間に起きて同じ時間に食事する習慣は必要です。

家族と一緒に食事を摂れば生活リズムだけではなくコミュニケーションも生まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です