仕事をしたくないのはなぜ?理由を明確にして次に活かす方法

仕事をしたくない、仕事をやる気持ちになれない、この原因について知りたくはありませんか?

仕事をしたくないと感じる理由ですが、原因としてあげられる候補はいくつもありますが、

  • 他人から認められない
  • 他人の考えを押し付けられる

この記事は「お仕事に関するモチベーションが何故低下するかの原因」について伝えています。

仕事をしたくないと感じるのは仕事以外に問題があるから

人が仕事をしたくないと思うこと自体は結論から申し上げれば普通であると言えます。

問題はそのような過程に至る原因を考えた場合、

  • 自分が与えられた仕事について不満がある
  • やりがいが無い仕事で誰でもできる仕事
  • 難題ばかりを押し付けられる
  • 給料と割に合わない仕事

など原因があるのです。

仕事をしたくない状況であると言えるでしょう。

この他にも仕事をしたくないと感じる理由には、「人間関係」が挙げられます。

人間関係が悪いと仕事場に赴くことが億劫になるのです。

これは誰でもあることでしょう。

社会人経験の少ない人でも、嫌いな人間がいれば、毎日いじめを受けたり、陰口をたたかれれば、その会社にいたいとは思いませんよね。

嫌いな人物と同じ職場です。

嫌々ながら仕事場に行っている状態であるため、仕事のことに頭が回っていないのです。

誰のために仕事をしているかを考えた場合、「会社のため?自分のため?」という問答が起きます。

問答を繰り返すうちに「嫌な人物さえいなければ仕事をこなせる」と考えるようになります。

会社のためや自分のために働くことが出来ると考えるようになるのですが、それが出来ないが故に仕事場に出てきたくないと感じるようになるのです。

逆に言ってしまえば、現在主流になりつつある「リモートワーク」であれば仕事をやりたいと望む方は多いのです。

職場は誰を必要とするか

職場が自分の存在を認めない場合、仕事に関してやりがいを感じなくなります。

仕事にやりがいが無い場合、多くの方は会社と言う存在に居場所を失い仕事を会社のためにする必要性に疑問を持ちます。

先ほど説明した自分が誰のために仕事をするかと言う問題のことを指します。

必要ではないと判明した場合、やりがいを失うとともに職場は職場で仕事をしない物を罰したりします。

この罰せられるというのは首になることを指し、仕事をしないと辞めさせられるわけですから表面上でも仕事をやっているふりをするようになるのです。

ただ、この考え方は一時しのぎにしか過ぎずいずれ、会社を辞めるかどうかの選択を迫られ嫌々ながら仕事をするかの選択をしなければならないです。

価値観を押し付けられる苦痛

これは会社にて仕事をする、会社で16時間デスクに座り働くのは当然であるという具合に価値観を一方的に押し付けられることを指します。

このタイプの働き方や会社の理念は従来の考え方で会社で仕事をすることが当たり前で仕事を終えていても既定の時間まで会社に留まることを指します。

この考えの問題点は、会社で働く側の社員にとっては苦痛でしかないということです。

その理由ですが、「人間関係に問題がある上で任される仕事などがありそれらを会社と言う場所でしか消化できないこと」に問題があります。

逆に今、新しい働き方として取り入れようとしているリモートワークは参加した物に対して一時的に苦痛こそ与える可能性があるが長期的に苦痛を与えないのです。

その為、ちょっと我慢すれば仕事をこなして後は自由になれるというポジティブな間絵を持てるということがリモートワークの働き方として評価されています。

この部分が重要ポイントで会社は=我慢を押し付け独自のルールに従う場所であるため、仕事をしている社員は息苦しさを感じるのです。

その為会社に行かなくなる人物と言う物が少なからず生まれ、その抜けた人物を補充するために再度会社員の誰かがその抜けた人物の仕事を背負うこともあるのです。

こうしたマイナスの連鎖が後に会社で仕事をしたくないと思う強い動機になるのです。

まとめ

仕事をしたくないと感じる理由は仕事だけをやっていれば報われるという会社ではないために仕事をしたくないと願うようになると結論付けます。

簡単に理由を述べますと、仕事だけをこなすだけですぐに会社から帰ることが出来れば仕事をこなしてすぐにでも帰ろうと感じますので、仕事をやろうと誰しもが思います。

現実は仕事プラス人間関係と言った具合に仕事に何かが付属するのです。

付属する物としては、仕事プラス会社を退社するまで会社にいなければいけないルールだったりと会社側の価値観を押し付けられるのです。

この価値観がだんだんと、不要ではないかと感じるようになり、会社に行きたくないと感じるようになり、仕事を会社のためにしたくないと感じるのです。

逆に、現在、注目されているリモートワークと言う手法ではまったく逆のことが起きています。

こちらは仕事さえこなせば後は自由になるため、仕事をこなして自由時間を得るために皆頑張るのです。

このように会社の考えと自己のお仕事を邪魔する存在、例えば嫌な上司などがいた場合、会社での生産性が下がり会社で仕事をしたくないと感じるのです。

対処法としてはリモートワークの導入が仕事をしたくないと感じる方の手助けになると期待されていますが、問題として対応できる仕事が少ないというのがリモートワークの欠点です。

リモートワークであれば会社に仕事をしていると認められさえすれば、他人から認められる必要性は無いため仕事さえしていればよいという考えにシフトしやすいのですが、すべての職場がリモートワークに対応しているわけではないので難しい問題です。

解決法についてはリモートワークを積極的に取り入れるなどの他、リモートワークで会社を運営している会社に転職などの方法が挙げられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です